チャレンジャーファイナルで使った構成と当日のざっくりレポ

チャレンジャーファイナルで使った構成と

当日のざっくりレポ

 

チャレンジャーファイナルで使った構成は、

f:id:y-u-06-ki-26:20181127205257j:plain

意識したのは

1.アグロに滅法強いこと

2.一番王道に近い構成、断末魔ハンターマリドル偶数ウォロに少しでも有利がつくこと。

3.デッキパワーが高く、不利構成を相手にしてもある程度の勝率がでること。

 

この構成だと、断末魔ハンターマリドル偶数ウォロに対しては、断末魔ハンターをbanすれば、

 

偶数パラ

全てに有利

 

奇数ウォリ

マリドル有利、偶数ウォロはBGH1、操り手2で、寄せめの構成にしたことあり、微有利。

 

自分のマリドル

マリドルミラーは意識して練度上げたので有利。偶数ウォロは微有利(少し怪しい)

 

という感じで、全体的に少し有利。

 

13に関しては説明することも特にないので、省略。

 

 

 

次に、当日の当たった構成やら印象に残ったところやらを書いていきます。

 

banは相性を表にして、相手のbanを想定したり、自分の構成で一番抜けにくいデッキを勝ちやすくbanしたりしながら、一番勝ちにくいデッキを選びます。

それぞれの対戦での相性表とban

https://docs.google.com/spreadsheets/d/11LrG7LwNKDZhPnsQpu91yWaT6c05RH9flg-DlmdYw4U

 

 

 

1ラウンド目

Daisrさん

構成 マリドル断末魔ハンターキューブロック

battlefyデッキリスト画面

https://battlefy.com/hearthstone-esports/2018-asia-pacific-winter-hct-challenger-finals/5bd1191d83fef603a3daa70f/stage/5bf894fd399f5303dc85d08f/match/5bf8952c9cee8003bd2e549e

 

想定してた構成の偶数ウォロがキューブロックに変わった構成。割と有利が取れている偶数ウォロが、少しきつめのキューブに変わったので、少し嫌な構成。

それでも想定通りこちらは断末魔ハンターをban。相手は相手の奇数ウォリをban

 

最初にマリドルを出すと相手もマリドル、

練習してきたマリドルミラーが発生した。

先にdkを引いたので、究極1枚も撃たずにファティーグを見据えるプランを選択し、

相手のファティーグが13点に突入した時点でリーサルが出て勝ち。

2戦目は偶数パラがぶんまわって勝ち。

 

 

 

2ラウンド目

OEO49OEOさん

構成 トグワグルドル奇数ウォリ偶数ウォロ(悪魔化プロジェクト入り)

https://battlefy.com/hearthstone-esports/2018-asia-pacific-winter-hct-challenger-finals/5bd1191d83fef603a3daa70f/stage/5bf894fd399f5303dc85d08f/match/5bf8a67a0035ca03b3cb37a0

 

偶数ウォロに悪魔化プロジェクトなど、

マリドルへの強い殺意を感じる構成とリスト。アグロにも強い。

そして本来ターゲットするはずのドルイドがミルドルになっているせいでかなり不利を背負わされた。

こっちはトグドルban、相手は奇数ウォリban

1戦目、マリドル出すと相手は偶数ウォロ、

相手の山札残り14枚のところで、悪魔化プロジェクトのリスク取らないと勝てないと判断して、栽培師でマリドル下げたら通り、30点くらいバーストで勝ち。

2戦目、偶数パラがしっかりまわって勝ち。

 

 

 

3ラウンド目

NoodLeさん

トグワグルドル断末魔ハンター偶数ウォロ

https://battlefy.com/hearthstone-esports/2018-asia-pacific-winter-hct-challenger-finals/5bd1191d83fef603a3daa70f/stage/5bf894fd399f5303dc85d08f/match/5bf8b81a3ef05203d1a4c9f8

 

2戦目の構成から奇数ウォリ断末魔ハンター

2戦目の構成よりはマシだけど、不利。

 

1戦目、マリドル出すと相手は断末魔ハンター。繁茂武器滋養究極全部引き、虫害2枚と枝分かれ2枚でターンを稼ぎ、2枚目の究極を打ってデッキ掘り切って返しに武器が折れて

30点バーストで勝ち。

 

2戦目、奇数ウォリを出すと相手は偶数ウォロ、後攻3の巨人を最速ガイストから5枚全部燃えて絶望感があったが、なんとか捌きながら、ライフが危なかったので、ヒロパアーマーを大事にしてブームを最後まで切らずに残し、ファティーグまで行って勝ち。

 

 

 

4ラウンド目

AllanPogiさん

奇数ウォリコンメ偶数シャマ

https://battlefy.com/hearthstone-esports/2018-asia-pacific-winter-hct-challenger-finals/5bd1191d83fef603a3daa70f/stage/5bf894fd399f5303dc85d08f/match/5bf8c8d1a939b603c77fc5ac

 

偶数パラをターゲットした構成。こっちに偶数パラがいるので不利。

こちらのマリドルがbanされるならコンメban

奇数ウォリがbanされるなら相手の奇数ウォリをbanしたい、じゃんけん状態。

結果じゃんけんに勝つところからスタート。

 

1戦目、奇数ウォリミラー。

後手で初手にダイアホーンと操り手があった。

この組み合わせはキープするか悩んでいて、答えが出ていなかったが、ブームを優先して全力マリガン。

結果お互い最速ブームし、常にアザリナケアでハンドのバリューを抑えながらボードを取り、ファティーグ入ったところでこっちのミニオンだけ残ってビートして勝ち。

 

2戦目

偶数パラが相性通り奇数ウォリにボコられて負け。

 

3戦目

ラニルがリッチキングについてしまい、呪術を撃たせようと我慢。撃たれず、10ターン目くらいにしゃーなしで投げたらなんか通って勝ち。もっと早く呪術ないこと嗅ぎとれたかも。

 

 

 

5ラウンド目

李ゃうさん

クエロ断末魔ハンタークローンプリ

https://battlefy.com/hearthstone-esports/2018-asia-pacific-winter-hct-challenger-finals/5bd1191d83fef603a3daa70f/stage/5bf894fd399f5303dc85d08f/match/5bf8e0f76513f703a93923ec

 

無理。即死。4-0でおそらく抜け確定だったのと、疲れてたのであんまり覚えてない。

 

 

6ラウンド目

hcmさん

マリドル断末魔ハンター偶数ウォロ

https://battlefy.com/hearthstone-esports/2018-asia-pacific-winter-hct-challenger-finals/5bd1191d83fef603a3daa70f/stage/5bf894fd399f5303dc85d08f/match/5bf8ee873ef05203d1a4cad5

 

想定してた王道構成。微有利。

こちら断末魔ハンターban、相手奇数ウォリban

 

1戦目、偶数パラがぶんまわって勝ち。

 

2戦目マリドルミラー、先に武器とdk引かれて絶望しながら、こっちもしっかりdk引けた。

不利な状況だったので、回帰ケアせずに月の炎大事にしてたら枝分かれが燃え、さらに絶望してたら、最後にリッチキング君がマリゴスパクってきて勝ち。

 

 

だいたい構成みるたびに不利だなーって思いながらやってたので、当たり運は良くなかったけど、引きとデッキパワーに助けられた。

ズー奇数パラ奇数ローグに1度も当たってないけど勝てたので、デッキはかなり強かった。

 

奇数ウォリはアグロに対してbanされがちなので、もっとbanしてこない相手にリストを寄せた方が良かったので反省。

 

 

質問、意見、感想あれば喜んで答えます。 Twitterまで https://twitter.com/Alza11460

 

 

 

 

試しにほしいものリスト貼ってみます。届けば更新頻度が増えます。http://www.amazon.co.jp/registry/wishlist/3S2L3PRGEW58R